2021年05月31日

ワクチン接種予約「すごい行列であきらめる」

6月1日から、新型コロナウイルスワクチン接種の個別接種が
市のコールセンター、インターネットで予約開始されます。
集団接種は、65才以上80才未満は4日からです。

私のかかりつけ病院は、ホームページで
「予約開始日は、5月31日の午後2時〜3時の間、
来院での受付のみ、先着順ではなく抽選となります。
混雑が予想されるので、車での来院は遠慮ください。」
とお知らせがありました。

我が家から、バス5分で行けますので、
とにかく行ってみようと、2時頃に到着するバスで出かけました。
なんと病院前の歩道と建物の裏側まで何百人と並んでいました。
3時から夫の訪問入浴があるので、これは無理だと思い、
すぐあきらめて、折り返しバスに乗って帰宅しました。
バス停で待たれている人に尋ねると「1時間前から並んでいて、
早めに開始されたので、何とか予約が取れた。」とのことでした。

まさかここまでの状況になっているとは...
前回の集団接種が取れなくて、
1日でも早く予約を取りたい気持ちからでしょう。
宝塚市の高齢者のワクチン接種状況もこんなんで、
7月末までに終了するなんて無理な話です。

明日の9時から、インタネットで予約できるクリニックに
チャレンジです。コールセンター経由は繋がらないでしょう。
後は、夫の訪問診療が往診日にワクチン接種で廻られますが、
夫は受けないのですが、ワクチンが余ったら私だけでも
可能ということで、連絡を待っているところです(>_<)






posted by bookssy at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記

2021年05月21日

新しいPTで、独りで立つことができた

今月から、訪問リハビリのPTが代わりました。
3年間お世話になったPTが退職されたので、
新しいPTに担当してもらうことになりました。

夫は、今まで訪問リハビリで、別の人が来られたら、
拒絶することがあったので、心配していましたが、
新しいPTを素直に受け入れて、ほっとしています。

ベッドサイドで立つ練習も嫌がらずにしますし、
PTが浮いた左足を押さえて、安定した姿勢で立ち、
最後は、介助なしでしばらく立つことができました。
PTは「少しずつ伸ばしていきましょう」と言われて、
以前の様に、歩行練習ができることを期待しています(*^-^*)



posted by bookssy at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記

2021年05月15日

再び、母入院する

今週の月曜日、ワクチン接種予約が繋がらなかった日ですが、
弟から「母が入院する」との連絡がありました。
ホームの看護師さんからも連絡があり、
詳しい状況を聞きました。

血液検査で炎症反応があり、肺炎だとのことでした。
PCR検査は陰性だったので、併設の病院に入院しました。
昨年末に、中心静脈栄養の治療で入院した時は、
1カ月で退院できましたが、今回は先がわかりません。

今は、ホームも病院も面会禁止で母には会えません。
夫のことがあり、簡単に帰省できないのは辛いです。
コープの個配で、山口のういろうを扱っていました。
懐かしいふるさとの味です。

山口ういろう.JPG

おいでませ.JPG




posted by bookssy at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記

2021年05月11日

ワクチン接種予約「つながらない」

タイトルは、きょうの新聞記事の見出しですが、
私の身にも全く同じことが起こっています。

宝塚市は、昨日の9時から高齢者のコロナワクチン接種予約が
始まりましたが、ネット予約は開始直後は、アクセス集中で
繋がらなくて、30分で定員に達したため終了しました。
電話もつながらなくて、きょうの午前中には市のホームページに、
「6月末までの予約分は、定員に達しました。」とのお知らせです。

6月からは、医療機関で個別接種が実施されますが、
詳細は5月下旬にお知らせがあるようですが、
直接予約を受ける医療機関と、市コールセンターで予約を受ける
医療機関があるようです。
私のかかりつけ病院で、スムーズに接種できれば良いのですが...

市内の田園地区の老健でクラスターが発生して、
入所者8人が入院を待っていて亡くなったニュースがありました。
高齢者ワクチンは7月完了目標と掲げていますが、無理な話でしょう。





posted by bookssy at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記

2021年05月06日

きょうの訪問診療は電話診察でした

先週、訪問診療の看護師さんから電話がありましたが、
その内容には、びっくりでした。
「クリニックの看護師が新型コロナウィルスに感染したので、
医師、看護師が2週間ほど回診できなくなりました。
来週の診察は、電話診察にさせてください。」とのことでした。

きょうの午前中に、まず看護師さんから電話があり、
夫の今朝の体温、血圧などを知らせました。
次に、医師から電話があり、夫の状態は特に変わりがないと
話して、いつものお薬の処方箋を薬局にFAXしてもらい、
昼前には、薬を薬局に取りに行きました。

感染した看護師さんは、無症状だそうです。
連休中に、旧友にラインをしたら、病気療養中とのことでした。
「吐き気、下痢、発熱でPCR検査を受け、陰性でした。
急性虫垂炎の手術で1週間入院して、今は自宅で静養しています。」

新型コロナウィルスも身近なところで発生しているし、
高齢者でも、虫垂炎になることもあるのだと...
夫の介護をしている私には起こってほしくない話です(>_<)




posted by bookssy at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記