2015年02月09日

ホームページを検討中

しばらく、通販いいなNet(ホームページ)をほったらかしにしていたら、
いつの間にか真似ホームページができていました。
それで、マイナーな方法で改ざんしましたが、そろそろ本格的に改良しようと
思って、検討しています。始めの頃は、もしもドロップシッピングを使って、
ホームサーバーを作って売ろうとしましたが、脳出血で頓挫しました。
その頃、売り出すために玄箱を改良して、アトムでやろうと思いましたが、
ソフトがいまいちで、難航していました。

その時したのが、アフリエイトでバリューコンシューマまで取得して、
Google AdSenseを付けて、オレンジラインで検索順位を上げました。
2位まで上がって、Googleから警告メールが来て、中止しました。
それから、5年間はずーと順位は下がっていました。
今度はまじめに作ろうと思います(^_^)
posted by bookssy at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームサーバーの活用

2014年10月25日

通販いいなNetをリニューアルしました

3年半の間放置されていたので、歯抜けだらけのホームページになっていました。
当時はバリューコンシューマに認可されることが夢でしたので、あっちこっちから
データーを取り寄せて、かろうじて1枚に仕上げました。
おかげでバリューコンシューマには通りましたが、あとアレンジした状態にしました。
更新が大変なホームページになってしまいました。
今回はその時の教訓を生かして、簡単にしました(^_^)
posted by bookssy at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームサーバーの活用

2010年07月19日

ReadyBoost

4月から病院勤めで、使い慣れたレッツノート<CF-R7BW5AJS>を入手し、持ち込んで業務を行っています。
Windows Vistaは避けていたのですが、この際有効活用と思い、以下の拡張を行ってみました。

ATAカードスロット:CF32F+CF115-4G
SDカードスロット:RP-SDM06G

Windows Vista、Windows 7の一機能。フラッシュメモリなどの外部メモリーを、ハードディスクドライブのキャッシュとして利用することで、読み込みを高速化する技術。

SDカードは、挿入しただけで「ReadyBoost」は活用できる。
ATAカードは、ダイナミックディスクで初期化して、やっと「ReadyBoost」として活用できる。

元々CF-R7BW5AJSのマックス2Gバイトメモリー搭載なので、どちらも効果無しの楽しい実験でした(^_-)-☆

レッツノート
posted by bookssy at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームサーバーの活用

2010年01月09日

スパム対策

 「君子危うきに近寄らず」 が最も最善策なのですが、サーバーを立ち上げたり、ポイントサイトでお小遣い(3,000円/月)をすると、避けて通れないのが「スパムメール」と「ウィルスメール」(-_-;)
 今まではメーラーの振り分け処理に任せていましたが、現在ローカルでメール転送&ウィルスチェックして、個別のポイントメール仮想アドレスと必要メール仮想アドレスにメール振り分けして必要メールアドレスだけメーラーで見る方法に移行中です。
 原理は簡単でWindowsServer+MFC+KiriumMailServer+NOD32+MailLinkCheker+Almailの構成です。WindowsServerとNOD32以外は個人目的は、フリーで使用可能なので、Linuxサーバーのfetchmail+procmailを組み込むよりはお手軽だと思います。難点は、MFCがCPUを専有することでしょうか!

MFC & KiriumMailserver
posted by bookssy at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームサーバーの活用

2009年10月31日

窓から失礼します

会社的組織では、シンクライアントの導入もボチボチ進んでいますが、自宅サーバの外からのインターフェイスとして、ウェブデスクトップを横目で見ていました。
代表的なウェブデスクトップは、eyeOS,Lucid Desktop (Apache + PHP + Ajax)だと思うのですが、導入と日本語化から考えて、eyeOSを設定してみました。
インターネットエクスプローラからeyeOSを呼び出し、eyeOSの設定とビデオサーバ及びWebmailを動かしてみた所を掲載しております。
eyeOSの窓
posted by bookssy at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームサーバーの活用