2020年12月03日

訪問診療を受けることになりました

夫は、今月から月に2回程、訪問診療を受けることになりました。
先月のかかりつけ医の診察でひと騒動あって、
新しい医師を探すことになり、また心労の日々でした。
夫は、もう必要ないと言いましたが、いつもの投薬、
リハビリの指示書、介護サービスを受けるには
かかりつけ医は外せません。

ケアマネジャーと訪問看護ステーションに相談して、
西宮市の訪問診療専門のクリニックが、我が家方面も
回っているとのことで、良い返事を頂けたので、
お願いすることにしました。

きょうは初回で、医師と看護師、事務局の人、訪問看護の所長も
同席されて、大勢の人の訪問でしたが、夫はおとなしく診察を
受けて、何とか無事に終了しました。
クリニックには、何人かの医師が在籍されていて、
担当の医師は、院長先生とのことでした。
女性の看護師さんがホローしてくれるので、心強かったです。

医療費は、今までの福祉医療が使えますし、院外処方で
薬はいつもの薬局にとりに行けます。
少し違うのは、介護保険の居宅療養管理費が、1割負担で
月2回で590円かかることです。
今回のことも、周りの人たちのおかげで、段取り良く
決まったことですが、夫はどこまで理解してくれているかは
疑問です。もう次はないからねと言い聞かせています(>_<)
posted by bookssy at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記

2020年10月10日

4カ月ぶりの訪問理容

今週は、夫の訪問理容に来てもらいました。
3カ月に一度の割合で、市のサービス券が利用できるので、
9月に予約しようとしたら、夫が「まだ早い!10月でいい。」
と言うので、4カ月ぶりになりました。
いつもの散髪屋さんが「予約の電話がないので、何かあったのではと
心配していました。」と話されました。
何のことはありません。本人が気まぐれなだけです。

今週は、かかりつけ医に行く予定でしたが、
「もう行かない!終わりにする。」と言い出しました。
「睡眠薬がないと、眠れないでしょう。
介護サービスを受けるのに、かかりつけ医もセットになっていて、
訪問リハビリの指示書も書いてもらっているので外せないよ。」
と話しても、聞く耳持たずでした。
またいつものことだと、悲しくなりました。

訪問理容が、無事に終わった後で、
「来週は、かかりつけ医に行きます。」と言ってくれて、
一安心です。こんなことの繰り返しです(>_<)




posted by bookssy at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記

2020年08月16日

暑いので、体温調整ができない?

今週は暑かったです。
リビングのエアコンは2年前に買い換えましたが、
洋室のエアコンも20数年前の物で、
微調整が効かなくて、室外機の音も大きく、
電気代も高くついて、長時間使うのは気になっていました。

20年以上前のエアコンは、室外機が燃え出すことがあると
記事に載っていましたし、2台とも買い換えることにしました。
月曜日にジョーシンに行って注文したら、水曜日には
取り付け工事に来てくれました。ただし先に1台だけです。
夫の部屋のは、再来週のデイサービスに行ってる間に
工事に来てもらうことで、夫は承知してくれました。

この暑さで、夫は体温調整がうまくいかないのか、
木曜日の朝には体温が38度になっていました。
熱中症かコロナではと心配しましたが、
徐々に体温が下がってきたので、安心しました。
すぐにでも新しいエアコンに交換したいのですが、
夫はデイの日だと言って譲りません。

娘が、今年ダイキン製のエアコンを取り付けて、お勧めで、
同じダイキンのスタンダードタイプにしました。
リビングのパナソニック製のはフィルター掃除付きですが、
掃除中に熱気が出て、その間は音もうるさくて、いまいちです。
工事の人が「信用あるメーカーでシンプルな製品が一番。
フィルター掃除は自分でして、3年に一度はクリーニングを
してもらうことです。」と言われて、納得でした(*^-^*)

DSC_0001.JPG



posted by bookssy at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記

2020年08月09日

眠剤をルネスタ錠に変更!

8月に入り、真夏日が続いています。
長女一家が3泊4日で遊びに来ていました。
孫二人は、マンションのベランダでプール遊びや
シャボン玉をして喜んでいました。
男の子ふたりで、良く食べるので、食事の用意と
後片付けが大変です。1歳8か月の次男が「おかわり」
は言えるので、びっくりです。

私は夫の不眠症で困っています。
かかりつけ医に、ベルソムラ錠10mgを追加してもらい、
調子が良かったのですが、ここ数カ月間は
夜中の12時頃でも寝付かれないと呼ばれます。
仕方がないので、私が以前めまい外来で処方してもらった
レンドルミン0.25錠の半分を追加して、寝付く状態でした。
アモバン錠からルネスタ錠に変更してもらい、
ベルソムラ錠を15ミリに増やしてもらいました。

かかりつけ医が「ルネスタ錠は依存性が少なくて、
ベルソムラ錠は寝る1時間前に飲むと効果が出ます。」
と言われましたが、やはり寝れないようです。
レンドルミンは非ベンゾジアゼピン系で使いたくないのですが。
娘が夫の様子を見て、「うつ状態なのでは?」と言いました。
睡眠薬の飲みすぎで、そうなのかも?
孫たちが帰って、また二人で頑張ります(>_<)

posted by bookssy at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記

2020年07月30日

褥瘡の治療

夫は、かなり前からお尻の中央が黒ずんでいます。
一時期、ひどくなりそうだったので、
介護ベッドのマットレスを体圧分散用に車いす用のクッションを
エアークッションに変えて、アズノール軟膏を塗って予防していました。

先週、黒ずんだ部分に水ぶくれができて、
2日後に破れて出血していました。
ついに褥瘡になったのかと気落ちしました。
デイサービスと訪問入浴の看護師さんにお願いして、
家に残っていた透明フィルムを張ってもらいました。
私が通院している病院に問い合わせてみると、
専門ではないけど、外科で診てくれるとのことでした。
夫は、最初は拒否していましたが、説得して、
雨も止んだので、昨日診察に行ってきました。

担当の医師は、私のかかりつけ医でしたので、
夫も素直に患部を見せて、診察してもらいました。
「きれいに治ってきているので、アズノールより
今は透明フィルムで保護しておいて。」とフィルムを張ってくれました。
私がそのフィルムは、処方してもらえるのかと聞いたら、
医師は「病院用なので自分で薬局で買ってください。
通販でも売っていますよ。」との返事でした。

家に帰って、楽天市場で検索したら、病院と同じ「エレバンロール」を
送料無料で扱っているお店がありました。
早速注文しました(*^-^*)
posted by bookssy at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記