2010年01月09日

スパム対策

 「君子危うきに近寄らず」 が最も最善策なのですが、サーバーを立ち上げたり、ポイントサイトでお小遣い(3,000円/月)をすると、避けて通れないのが「スパムメール」と「ウィルスメール」(-_-;)
 今まではメーラーの振り分け処理に任せていましたが、現在ローカルでメール転送&ウィルスチェックして、個別のポイントメール仮想アドレスと必要メール仮想アドレスにメール振り分けして必要メールアドレスだけメーラーで見る方法に移行中です。
 原理は簡単でWindowsServer+MFC+KiriumMailServer+NOD32+MailLinkCheker+Almailの構成です。WindowsServerとNOD32以外は個人目的は、フリーで使用可能なので、Linuxサーバーのfetchmail+procmailを組み込むよりはお手軽だと思います。難点は、MFCがCPUを専有することでしょうか!

MFC & KiriumMailserver
posted by bookssy at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームサーバーの活用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34645537

この記事へのトラックバック