2020年12月30日

孫の初めての一人お泊り

先週末に、長女と二人の孫が3泊4日で里帰りをしていました。
今週の月曜日に夫の訪問入浴を見学して、帰っていきました。
5才の孫に「一人でお泊りしたら?」と言ってみたのですが、
次の日に「本当はお泊りしたかった。」らしくて、
昨日車で荷物を運んだ帰りに、また我が家に連れて来ました。

新車にジュニアシートを取り付けたのがフル活用しています。
録画していたトイストーリーを機嫌よく見て、
夕食はカレーにしましたが、
歯磨き、入浴、着替えと用意してきたお泊りセットで
一人で段取り良くこなすのにびっくりでした。

夜は一人で眠れるのか心配でしたが、
20時半にお布団に入り、朝の7時までぐっすり眠っていました。
私も早寝、早起きができて健康的な1日でした。
2年前に次男の誕生時に我が家に来た時から比べると、
随分と成長したものです。

きょうの午前中に、無事に送って行きましたが、
1泊だけなので問題なかったですが、これが1週間となると
どうなるかわかりませんが...
コロナ過で、孫の世話で疲れている祖父母が多いらしいので(*^-^*)




posted by bookssy at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出の日記

2020年12月24日

年末で慌ただしい毎日です

きょうはクリスマスイブです。
今年も残すところ1週間になりました。
我が家はマンションの大規模修繕工事が行われています。
南側には足場が組まれていて、黒のシートで覆われています。
今週からバルコニーの工事が始まり、洗濯物も干せない状態です。
今は、夜に洗濯をして室内干しにしています。
新しい洗濯機が静音なので、良かったです。

明日から、長女が孫を連れて里帰りするので、
その前に年賀状を仕上げて、
昨日は美容院に、きょうは車の1カ月点検に行ったりと
スケジュールをこなしています。
まあ明日からは本当に慌ただしくなりそうです。

東京の次女は帰省できないので、皆が集まったら
オンライン帰省でお茶会をする予定です。
夫には「暇でいいわね。」と言っています(*^-^*)

阪急宝塚のクリスマスイルミネーションです
クリスマスツリー.JPG





posted by bookssy at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記

2020年12月12日

母の入院

一昨日、母が入居しているホームの看護師さんから電話があり、
「食事が取れなかったりして、軽い脱水症状が出ています。
点滴をしていますが、中心静脈栄養に移行することもあります。
延命治療になるので、院長先生から電話で説明してもらえます。」
とのことでした。
その日の夕方に、弟にその旨を話して、看護師さんに連絡するように
頼んだら、「年内には電話してみる。」とのことでした。

昨日の朝、再び看護師さんから連絡があり、
「2回食事がとれなくて、体重も減ってきているので、
入院治療を勧めます。きょうは女医先生が担当で、
弟さんに連絡したいのですが。」とのことでした。
その後、看護師さんから連絡を受けた弟から電話があって、
「中心静脈栄養をやってもらったら。」とのことでした。

直接、女医先生から電話があり、説明を受けましたが、
手続きの書類を出すのは弟なので、また弟の携帯電話に
連絡してもらうようにお願いしました。
母はホームに入居して始めての入院ですが、
コロナ禍において、家族が帰省できませんが、
併設された病院にお任せするしかないです。
この先、母が苦しむことがなければよいのですが...
posted by bookssy at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記

2020年12月03日

訪問診療を受けることになりました

夫は、今月から月に2回程、訪問診療を受けることになりました。
先月のかかりつけ医の診察でひと騒動あって、
新しい医師を探すことになり、また心労の日々でした。
夫は、もう必要ないと言いましたが、いつもの投薬、
リハビリの指示書、介護サービスを受けるには
かかりつけ医は外せません。

ケアマネジャーと訪問看護ステーションに相談して、
西宮市の訪問診療専門のクリニックが、我が家方面も
回っているとのことで、良い返事を頂けたので、
お願いすることにしました。

きょうは初回で、医師と看護師、事務局の人、訪問看護の所長も
同席されて、大勢の人の訪問でしたが、夫はおとなしく診察を
受けて、何とか無事に終了しました。
クリニックには、何人かの医師が在籍されていて、
担当の医師は、院長先生とのことでした。
女性の看護師さんがホローしてくれるので、心強かったです。

医療費は、今までの福祉医療が使えますし、院外処方で
薬はいつもの薬局にとりに行けます。
少し違うのは、介護保険の居宅療養管理費が、1割負担で
月2回で590円かかることです。
今回のことも、周りの人たちのおかげで、段取り良く
決まったことですが、夫はどこまで理解してくれているかは
疑問です。もう次はないからねと言い聞かせています(>_<)
posted by bookssy at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記