2020年01月28日

やっと電気炊飯器が届きました

昨年末に、電気炊飯器が故障して、電子レンジで
ご飯を炊いて間に合わせていました。
2週間前に、ジョーシンに行きましたが、
今回は、3,5合炊きのコンパクトなタイプにしました。
少量タイプは種類が少なかったのですが、
東芝の赤い色が気に入って、決めました。
在庫がなくて、10日ぐらいかかるといわれましたが、
まあ急ぐこともないので、待っていましたが、
昨日、やっと届きました。

やはりIHジャー炊飯器で炊いたご飯はおいしいです。
お米の芯まで炊けている気がします。
これで、孫たちが遊びに来てもふっくらご飯が出せます(*^-^*)

DSC_0273.JPG


posted by bookssy at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記

2020年01月17日

あの日から25年が経ちました!

きょう、1月17日は阪神・淡路大震災が起きた日です。
今年は25年後で、新聞、テレビでも大きく取り上げられています。
その時、私たち家族は夫の転勤で福岡市に住んでいたので、
大震災を経験していませんが、今のマンションは被災したので、
5年前の同じ日に、ブログに「20年前の今日!!」という題目で
夫が自分の言葉で述べて、私が記事に書いています。
残念ながら、今の夫はそんな思考力もありません。

午後は月に一回の訪問看護と続けてリハビリがありました。
看護師さんがいろいろとアドバイスをされても、
夫は「大丈夫です。」と言うばかりです。
リハビリは、ベッドサイドで立位運動をしていますが、
それだけは拒否しないでやります。
デイサービスは休みがちで、リハビリはしないので、
訪問入浴、訪問リハビリの回数を増やそうかと
言っても、「今のままでいい。」との返事です。

思考力は衰えても、自分の考えは押し通すので、
困ったものです(>_<)



posted by bookssy at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出の日記

2020年01月12日

耳鳴りとふらつきがひどくて...

私の話ですが、先週の初めに「キーン」という音の耳鳴りがして、
朝起き上がった時に、ふらつきを感じたりしました。
これは大変だと思い、木曜日の市立病院の「めまい外来」を
受診しました。予約の枠が一杯で待ち時間も長くて、
順番が最後になりましたが、仕方ありません。

聴力検査の結果はいつもと変わらず、眼振検査も問題なかったです。
医師は「年末年始の疲れが出たのかな?」と言われましたが、
私は「夫の介護疲れでしょう。」と答えました。
一日一回の薬を朝夕に増やして、漢方薬を足すことになりました。
「牛車腎気丸」で、数年前に耳鳴りに効くと試したことがありますが、
左耳の難聴のためか、「ジーン」という耳鳴りは治りません。

昨日、ちょうどEテレで「メニエール病」を取り上げていましたが、
飲み薬は同じようなものが言われていました。
私の場合は「突発性難聴」から「蝸牛型メニエール病」になって、
幸いめまいがないので、夫の介護もできますが、
今回は、ふらつきを感じて心配になりました。
夫に「調子が悪い」と連呼しても、お構いなしです。

新年になり、玄関に飾っているお花を変えました。
ニトリで買った手頃な造花です(*^-^*)
玄関の花.JPG
posted by bookssy at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記

2020年01月05日

年始に再び孫が来て、賑やかでした

年が明けて、元旦、2日と夫婦二人の寂しいお正月でしたが、
3日から長女と下の孫が、4日に旦那さんと上の孫が来て、
賑やかな3日間でしたが、きょう帰りました。

4才の孫は乗り物が大好きで、毎年お正月に義実家の祖父母に
大阪のプラレール博に連れて行ってもらい、
そのあと我が家に遊びに来ます。
今年は「山手線の電車」を買ってもらったそうです。
新幹線の名前も覚えていて、すごいなと思いました。
1才の孫は、まだ一人で立つこともできませんが、
はいはいしながら、家中の物を探して遊びます。

きょうは、最寄り駅まで荷物運びで送って行きましたが、
孫は靴を脱いで、座席から外を眺めていたのですが、
降りる駅になって、靴を履くのが手間取って、
あわや降り損ねそうになり、大変でした。
また明日から介護サービスも始まり、夫婦二人の
相変わらない生活に戻ります(>_<)







posted by bookssy at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記