2019年11月25日

手術後の血液検査

8月に、胆のう摘出手術を受けましたが、
きょうは、3か月後の血液検査を受けてきました。
血液検査の結果は50分後にわかるということで、
5階のラウンジでコーヒーを飲んで時間をつぶしました。
30分後に降りていきましたが、すぐに呼ばれました。

肝臓の機能とかも異常なしでした。
うれしいことに、総コレステロールが少し下がっていました。
別に食べ物に気を付けていたわけではありませんがね。
ちなみに、夫は4か月に1度、血液検査を受けていますが、
私より、はるかに数値が良いです。
食事は同じものを食べていますが、おやつをするのが悪いのかな?

今後も、2か月に1度は胃炎の薬をもらいに通院しますが、
1年に1度は胃カメラとエコー検査は続けるらしい。
中間に、市民検診の基本検査、肺がん、大腸がん検診を
受ければ安心かなと思います。
待合室で、自治会の役員の方にお会いしましたが、
検診で、再検査になったので受けに来ているとのことでした。

お天気が良くなかったので、5階のラウンジからの
景色はよく見えなかったです。
DSC_0212.JPG





posted by bookssy at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記

2019年11月17日

10か月ぶりに孫が来ました

今週末は、次女一家が帰省していました。
6月に私が会いに行きましたが、我が家に来るのは
10か月ぶりでした。
以前は、少し人見知りをしていましたが、
今回は遠慮なく、家の中を動き回っていました。

男の子ですが、お気に入りは娘たちが使っていた
「シルバニアファミリー」の人形です。
森の2階建ての大きな家を組み立てて、家具を並べて、
調度品を飾ったりして、楽しく遊んでいました。
私はおもちゃの中身まではすっかり忘れていましたが、
娘は、姉妹で遊んでいて、良く覚えていました。
保管しておいて役に立って良かったです。

昨日は長女の家に遊びに行き、最初は男の子どおし、
おもちゃの取り合いで、最後は仲良くなったようです。
きょうの朝、新幹線で帰りましたが、
宝塚駅まで送ってきました。次は、いつ来れるかな?
街はクリスマスモードでいっぱいでした。

DSC_0204.JPG






posted by bookssy at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出の日記

2019年11月12日

秋の行事が終わりました

先月末から、自治会の行事が立て続けに行われました。
中央公園でのふれあいフェスティバル、日帰りバス旅行、
安心生活フェスティバル(災害時に備えて、避難訓練など)

半日の活動は、夫を家において参加できますが、
残念ながら、バス旅行は参加できません。
今年は「和歌山の味覚を満喫!」ということで、
梅酒の酒蔵、醤油の蔵見学、みかん狩りと盛り沢山で
応募者殺到で抽選になりました。

バス旅行は、専門部の活動熱心な方々を中心に、
私は事前のサポートをしただけですが、
大イベントが無事に終わって、静かな生活に戻りました。
しばらく、ラインのメッセージも少ないかな?
夫の介護生活だけでなく、マンションの住人との交流が
持てて、いいこともあるかなと思うこの頃です。

手芸店で、可愛いゴブラン織りの生地を見つけたので、
冬用のバッグを作りました(*^-^*)
DSC_0190.JPG



posted by bookssy at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記

2019年11月03日

断捨離とは?

リフォーム工事は無事に終わって、夫婦二人の生活に戻りました。
リビング、ダイニングをフローリングにして、
車いすの滑りも良くなりました。
クロスも張り替えて、部屋が明るくなり、
夫は口には出しませんが、満足そうです。

家具の移動で、食器や本を出し入れしましたが、
昔、何度も引越しをしたことが思い出されました。
今の家には20年住んでいるので、久しぶりに片付けて、
この際不要なものを捨てて、少しだけすっきりしました。

「断捨離」という言葉が使われますが、
調べてみたら、ヨーガの行法からきていて、
断行:入ってくるいらない物を断つ
捨行:家にずっとあるいらない物を捨てる
離行:物への執着から離れる...という意味らしい。
全部は無理ですが、「捨」だけはしようかなと思います(^_^)
posted by bookssy at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記