2019年07月30日

夏休みの思い出

先週末から、長女と二人の孫が3泊4日で遊びに来ました。
日曜日の午前中は、ベランダでプール遊びをしました。
3歳の孫は、去年は怖がっていましたが、
今年は幼稚園のプールで慣れたのか、楽しんでいました。
7か月の孫は、お座りよりハイハイのポーズをすると、
水を浴びて、嬉しそうに遊んでいました。

夕方は、マンションのふれあい屋台村に参加しました。
私は2時間前から準備に追われていましたが、
17時の開催時間になると、チケットを買い求める人で
行列ができたので、孫たちにも早く来るように声をかけました。
今年初めて、夏の夕方に開催されたのですが、
生ビールやかき氷も取り入れて、大盛況でした。
孫は、ヨーヨーやスーパーボールすくいもできて、
大満足だったようです。

月曜日の午前中は、私がヨガに行っている間、
近くの児童館に遊びに行きました。
市内に帰省先があれば、利用できるようでした。
午後からは、夫の訪問入浴でしたが、
「じいじのお風呂屋さんを見る。」と面白がっていました。

きょうは、ベビーザらスに一緒に買い物に行き、
電車のおもちゃで遊んで、お昼はハンバーガーを食べて
大好きな電車に乗って、帰っていきました。
我が家は、山の上のマンションで家の中では退屈でしょうが、
今年の夏休みは、いろんなところに出かけられて、
よい思い出になってくれたらと思います(*^_^*)



posted by bookssy at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記

2019年07月25日

妻の手術入院と夫のレスパイト入院

梅雨が明けて、本格的に暑くなりそうです。
私は、10数年前に、胆のうポリープが発見されて、
毎年エコー検査で経過観察をしていました。
今のかかりつけ医は、消化器外科の医師で、
「9ミリになっているので、高齢になってからより
今のうちに取ってしまったら?」と手術を勧められました。

私が「夫の介護があるので、入院は無理です。」と言うと、
医師は「ご主人も一緒にレスパイト入院できますよ。」との返事でした。
娘たちと相談して、孫が夏休みの間が長女も動けるので、
来月、手術入院することになりました。
先週、手術前検査を受けましたが、
CT検査で、造影剤を使用するのが大変でした。
造影剤を腕から点滴で注入したのですが、
途中で頭がかゆくなって、抗アレルギー剤を使ったりと
数分間のCT検査のために、2時間ぐらい拘束されて
結局、4時間ほど病院にいました。

きょうは、検査結果を聞きに行きました。
CT画像では、胆のうとポリープが鮮明に写っていました。
腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けるのですが、
おへその横を1.5センチ切って、内視鏡を使っての手術で、
胆嚢を切り取って取り出すらしい。
ポリープは90パーセント良性の可能性が高いけど、
合併症は1パーセント以下の確率だとも説明されました。
もう先生に任すしかありません。

入院案内や同意書、誓約書などを受け取ってきましたが、
入院保証金も2人分なので、大変です。
夫は、「高齢障害者医療受給者証」があるので、
入院費も返金されるでしょうが、
私の方は、聞くと10数万円はかかりそうです。
来月に入ったら、市役所に「限度額適用認定証」を
申請に行かなくては(>_<)

posted by bookssy at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記

2019年07月21日

自治会活動が忙しい

今年から2年間、自治会の役員を引き受けることになりましたが、
思っていた以上に、忙しいです。
専門部と、各マンションの委員会の活動があり、
両方の集会に、月1回は出席しなくてはなりません。

昨日は、部会の集会がありました。
秋のバス旅行について、旅行会社の人がプレゼンに来られました。
国立文楽劇場、吉本新喜劇鑑賞、和歌山方面、淡路島方面と
どれも魅力的なプランでしたが、和歌山行きに決定しました。
湯浅醤油蔵見学と有田みかん狩りで楽しそうですが、
朝9時から夕方6時までは、私は参加できそうにないです。
デイサービス、いつものショートステイの日程とも会いません。

来週は、委員会主催のふれあい屋台村があります。
準備から片付け迄、5時間拘束されますが、
長女が孫を連れて、お祭りに遊びに来てくれるので、
夫をひとりで留守番させることもないので、安心です。

皆さん、とても熱心なのにびっくりしています。
会議の議事録もメールの添付ファイルで送信されるし、
部会のほうは、ラインのグループができていて、
週末には、たくさんのメッセージが入ってきます。
通知音なしの設定にしました。スマホの時代なのでしょうか?
もう少し若くて、10年前にでもしてればと思います。(>_<)

posted by bookssy at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の日記

2019年07月12日

ベルソムラ錠の効果

梅雨の季節ですが、雨もあまり降らずに、
涼しくて、過ごしやすい日が続いています。

先週から、夫が飲み始めた「ベルソムラ錠」ですが、
最初は、間違えて「ベルソラム錠」と入力したら、
そのままブログサイトに残ってしまいました。
アモバン錠との併用を、色々と試してみましたが、
アモバン10mgとベルソムラ10mgでぐっすり眠れるようです。

きょうは、訪問リハビリでしたが、
まだ、歩行練習はしていません。
PTは、ベッドに座っての運動をするたびに、
夫が握りしめている左手をゆっくり伸ばして、
緊張をほぐしてくれます。
私も同じように、マッサージしてあげればいいのでしょうが、
介護で手いっぱいで、余裕がありません(>_<)
posted by bookssy at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記

2019年07月04日

かかりつけ医で処方されたベルソムラ錠

九州地方では、記録的な大雨で被害が出ていますが、
関西は夜間に雨が降っても、昼間は晴れています。
梅雨の晴れ間に、夫のかかりつけ医の診察に行ってきました。

先月の血液検査の結果は、いつも通りに何も問題はありません。
体調も変わりないですが、気になるのは睡眠のことです。
寝付けなかったり、夜中に目が覚めて、
睡眠薬を半錠追加することがあります。
先月は、後日アモバン錠を追加してもらいました。

かかりつけ医に相談して、新しい眠剤を試すことになりました。
「ベルソムラ錠」で2014年に発売された薬剤です。
薬局の説明書では「自然な眠りへと導き、睡眠を持続させます。」
薬剤師さんは「分量も最低の10mgで、アモバンと併用しても
大丈夫で、習慣性にならない薬剤です。」とのことでした。

これで、夫の不眠症が改善されることを期待します(>_<)
ベルソムラ錠10mg.JPG



posted by bookssy at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記